toggle
2019-03-27

ベトナム ハーブな旅①

1月中旬からベトナムに行ってきました。

かつてフランス領だったベトナム。
建物がヨーロッパっぽく雑貨もおしゃれなんだと何かの本で読んでから気になっていました。

ベトナムのどの都市に行くのかとても迷いましたが
町全体が世界遺産に指定された美しい町でのんびりできそうだなとおもったので

中部の都市ダナンから車で1時間ほど離れた町『ホイアン』に決めました。

ホイアンは、ランタンで有名なのです。
着いた日は、すっかり日が暮れた19時すぎ、アンホイ島のホテルからすぐのレストランへ。

ガイド本を見てお店を探したのですが、どこを探してもお目当てのお店は見つからず・・・
ガイド本の写真と照らし合わせて見てみたら、この場所。

どうやらお店の名前が変わっていたみたい・・・

ホイアン名物『揚げワンタン』

『ホワイトローズ』

『フォー』
フォーにはたっぷりのハーブが添えられていました!

『ノコギリコリアンダー』
これは、タイに行ったときにも見たハーブで、パクチーの香りがするハーブです。

もう一つは『ホーリーバジル』っぽい!ですが
香りは、ホーリーバジルの香りではなく、味もクセがなかったです。

たっぷりのハーブをのせた『フォー』美味しい!

これは『エビのから揚げ』で添えられていた緑色のソースが美味しかった!
酸っぱくて辛くって、やみつきになります。

『アサリ貝のレモングラス蒸し』

レモングラスの風味が薫って、とても美味しかった!!!

ベトナムの料理って、聞いていた通り日本人の口に合いますね。

食事が終わって、
アンホイ島で毎晩開催されているランタン夜市へ。

すごくキレイ~♡
屋台も出ていて、人もたくさんいてにぎやかです。

スポンサードリンク



関連記事