toggle
2021-04-11

傷の修復のためのハーブオイル

今回は、肌荒れというよりは傷の修復に役立つようなハーブや精油を選んでミツロウクリームを作りたいと思います。

次回のハーブサークルでは、ミツロウと植物オイルを使ったミツロウクリーム作りにしようと思っています。
2年前にもミツロウクリーム作りをしました。
ミツロウクリームは、初心者の方にも作りやすいクリームです。
『冬の荒れた手足に塗ると、しっとりとして使い心地が良い』って人気でした。

今回選んだハーブは、セントジョンズワート。

どうしてセントジョンズワートを選んだかというと

セントジョンズワートの主要成分は、タンニンです。
タンニンは、収れん作用があるのです。

収れん作用とは・・・
タンニンが、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して薄い膜を作ります。これによって、炎症をおこした粘膜の刺激を和らげてくれるのです。

このタンニンの働きを期待して、傷の修復に役立つミツロウクリームを作りたいと思います。

お庭に出ると、まだ背の低いセントジョンズワートが。

今回は、12人分のオイルを用意するので少なくても大丈夫かな?

収穫しました。

まずは、インフューズドオイルの準備から。
インフューズドオイルというのは、浸出油ともいいます。
植物オイルにハーブを漬け込んだものです。

まずは、インフューズドオイルに漬け込むために収穫したセントジョンズワートを乾燥させました。

瓶にドライにしたセントジョンズワートを入れて、オイルを注ぎ入れます。

セントジョンズワートのインフューズドオイル
【材料】
植物オイル  200㎖
セントジョンズワート 適量
保存用の瓶  250㎖くらいのもの

【作り方】
①保存用の瓶にドライセントジョンズワート(瓶の1/3くらいの量)
をいれます。

②植物オイルを①に注ぎ入れます。

③瓶の蓋をして、2週間ほど置いて成分をオイルに抽出します。
  (1日1回瓶を振ります)

今回は、インフューズドオイル作りがわかりやすいように動画を作ってみました。

スポンサードリンク



関連記事