toggle
2021-04-07

レールキッチン チクゴ

福岡の中心地 天神から福岡県の端 大牟田まで福岡県を縦断しながら走っている西鉄電車。 

 私も学生時代からよく利用している電車です。

  その西鉄電車が既存の車両を5億円かけて改造した観光列車『RAIL KITCHEN CHIKUGO(レールキッチン チクゴ)』 

image

 筑後地方を中心とした沿線地域の新鮮な食材を列車内のキッチンで調理して提供する、“料理”にこだわった 観光列車なのです。 

 レールキッチンチクゴではちょっと贅沢なお食事を楽しむことが出来ます。

*地域を味わうランチチクゴの旅
*地域を味わう季節限定コース
*地域を味わうカフェ 大宰府の旅 

3つのコースがあります。  

実は、私、今回*地域を味わう季節限定コースでハーブを使ったプティフル(焼き菓子)とハーブティーの監修をさせていただくことになりました。

  先日、打ち合わせでこの列車に乗せていただきました。 

キッチンクロスをイメージした車体のデザインとなっているのだそうです。
可愛い♡

 『レールキッチン』と書かれたロゴには 

 福岡県の苺久留米のお酒久留米の葡萄柳川の川下り大牟田の産業遺産 がデザインされているんですよ。  

 電車の中にもお邪魔させていただきました! 

天井は 

image

 八女の竹を使用した手編みの竹細工。

 床は

 線路にある小石を砕いたもので作ったタイル。

image

城島瓦で作られた壁。
シックでかっこいい!!

 手洗いスペースもオシャレ☆彡

image

お料理に使用するのは小石原焼のお皿です。

一つひとつにこだわりを感じます。

車内にはピザ窯があるんですよ!

ピザ窯がある列車は、『レールキッチン チクゴ』だけなのだそうです。

熱々のピザを食べることが出来ますね~。

 列車の窓やドア・・・可愛い~♡♡  

 大好きなハーブと筑後産の食材を使った小さな焼き菓子♡ 

どんなものを作ろう?
どんなハーブを使おうかな?
どんな食材と組み合わせようかな?  

 たくさん考えて
たくさん試作を作って 

そんな時間もとても楽しい時間でした♪   

ハーブが好きなハーバリストが作る小さな焼き菓子ですが楽しんでいただけたら嬉しいです。


*地域を味わう季節限定コース(6~8月)

スポンサードリンク



関連記事